メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀州発掘物語

/14 藤並城跡(有田川町) 「平地城館」の痕跡色濃く /和歌山

藤並城跡の周囲を巡る堀の跡。痕跡が確認できる=有田川町下津野で2020年1月7日午後2時48分、山成孝治撮影

 城郭をテーマにした研究は、発掘しなくても現地を踏査すれば城の構造が想定できることも魅力の一つ。県内でも数多くの城跡が確認され、本格的な調査・研究が進んでいる。2017年に発掘調査が実施された有田川町下津野の藤並城跡(町指定文化財)もその一つだ。

 有田市と湯浅、有田川の2町は2016年、主要な中世城郭を保存、活用するため「有田郡市中世城郭調査指導委員会」を設置した。藤並城跡の調査は同委員会が手がけた第一弾の取り組みで、北堀と南堀の2カ所の推定地計約100平方メートルを発掘した。

 確認されたのは、堀と土塁を巡らせた防御性が高い城館。東西75メートル、南北87メートルの方形で、内部は現在、果樹園になっている。和歌山城郭調査研究会(白石博則代表)が2019年に刊行した「戦国和歌山の群雄と城館」(戎光祥出版)で、「県内で最も形状をとどめる平地城館遺構」と評価されており、周囲の堀はひと目でその存在が確認できるほどだ。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 被害は全額補償、送金機能の廃止も検討 ゆうちょ銀「mijica」不正引き出し

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです