メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGsワークショップ開催 カードゲームで地域づくり考える 来月2日、直方市中央公民館 /福岡

高校生以上、参加者募集

 新国富指標を活用した総合計画策定を目指す直方市が2月2日午前10時、持続可能な開発目標「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」のワークショップを市中央公民館で開く。市内在住で高校生以上の参加者40人を募集している。

 SDGsは「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「人や国の不平等をなくそう」「気候変動に具体的な対策を」など17の目標からなる。2030年までの達成を掲げた目標で、15年に国連サミットで採択された。

 ワークショップではSDGsに基づき、30年までの地域づくりを体験するカードゲームを実施。与えられた金と時間を使ってプロジェクト活動をし、ゴールを目指すゲームを通じて、なぜ地域づくりにSDGsが必要か、自分たちに何ができるか、を考える。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです