石木ダム再評価委 水需要、市試算を了承 7年ぶりの事業検証 佐世保 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石木ダムの事業再評価を始めた佐世保市上下水道事業経営検討委
石木ダムの事業再評価を始めた佐世保市上下水道事業経営検討委

 県と佐世保市が川棚町に建設を計画する石木ダム事業について、利水面で再評価する同市上下水道事業経営検討委員会の初会合が23日、同市役所で開かれ、市側が説明した水需要予測を大筋で了承した。ダム事業に反対する住民は「市は恣意(しい)的な数字で事業を正当化している」と反発、委員の人選についても「中立でない」と批判した。【綿貫洋、浅野翔太郎】

 再評価は、県がダムの完成時期を3年延長し2025年度にしたことを受け、事業継続が適切かを検証するもので7年ぶり。委員長の武政剛弘・長崎大名誉教授を始め、経済団体や公募委員ら9人で構成する。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文957文字)

あわせて読みたい

ニュース特集