メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泡盛と焼酎も日本の「国酒」 酒蔵で海外専門家にPR /宮崎

豊永さん(奥左)の説明を聞きながら球磨焼酎を試飲する海外の酒類専門家たち

 泡盛と焼酎を日本の「国酒」として世界にアピールしようと海外の酒類専門家を招いて各地の製造場を見てもらうツアーが開かれ、沖縄、宮崎、熊本、鹿児島4県の製造場を米国や英国、カナダの専門家7人が巡った。

 ツアーは3年前から国税庁が主催。これまで日本酒だけが対象だったが泡盛と焼酎もPRしようと今年初めて取り組み、20日に沖縄3カ所、21日に宮崎3カ所、22日に熊本1カ所、23日に鹿児島2カ所の製造場を訪ねた。

 訪れた専門家7人はロンドンにある世界最大の酒類教育機関「Wine&Spirit Education Trust」(WSET)の講師。2019年8月に誕生したスピリッツのコースで製造方法やマーケティングなどを教えている。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです