メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

両陛下と英国訪問=西川恵

 <kin-gon>

 天皇、皇后両陛下が4月から6月をめどに英国を国賓で訪問される。即位後、初の外国訪問先に欧州が選ばれたことは、上皇、上皇后両陛下が天皇、皇后として初訪問されたのが東南アジアだったことを考えると感じるところが多い。天皇陛下の即位後、恐らく少なくない国から「天皇陛下を国賓で迎えたい」との招待があっただろう。その中で英国が選ばれたのはそれなりの理由があったと思われる。

 天皇陛下は徳仁親王だった1983年から85年にかけての2年4カ月、英オックスフォード大学大学院に、寮生活をしながら学ばれた。皇太子時代も、立ち寄りも含め2回英国を訪れた。さらに皇室と英王室の歴史的なつながりと長い交流を考えれば、初めての外国訪問先として不思議ではない。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです