メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

将棋のプロ棋士になるには? 養成機関・奨励会入り、編入試験は3勝で合格=回答・丸山進

プロ棋士編入試験対局で対局する折田翔吾さん(左)=大阪市福島区の関西将棋会館で昨年11月、梅田麻衣子撮影

 なるほドリ 将棋ユーチューバーの折田翔吾(おりたしょうご)さん(30)が2019年11月から、プロ棋士(きし)編入試験(へんにゅうしけん)を受けていて話題になっているね。そもそもプロになるにはどうすればいいの?

 記者 養成機関(ようせいきかん)の奨励会(しょうれいかい)に入ります。入会後、21歳になるまでに初段、26歳までにプロ入りとなる四段になれないと退会になります。折田さんは26歳で四段になれずに退会しました。

 Q なぜ26歳で退会しないといけないの?

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです