連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

将棋のプロ棋士になるには? 養成機関・奨励会入り、編入試験は3勝で合格=回答・丸山進

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロ棋士編入試験対局で対局する折田翔吾さん(左)=大阪市福島区の関西将棋会館で昨年11月、梅田麻衣子撮影
プロ棋士編入試験対局で対局する折田翔吾さん(左)=大阪市福島区の関西将棋会館で昨年11月、梅田麻衣子撮影

 なるほドリ 将棋ユーチューバーの折田翔吾(おりたしょうご)さん(30)が2019年11月から、プロ棋士(きし)編入試験(へんにゅうしけん)を受けていて話題になっているね。そもそもプロになるにはどうすればいいの?

 記者 養成機関(ようせいきかん)の奨励会(しょうれいかい)に入ります。入会後、21歳になるまでに初段、26歳までにプロ入りとなる四段になれないと退会になります。折田さんは26歳で四段になれずに退会しました。

 Q なぜ26歳で退会しないといけないの?

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文759文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集