メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相認識は「個人情報」? 「農家帰京」把握有無説明せず

 安倍晋三首相は23日の参院代表質問で、施政方針演説で島根県江津市の地方創生の成功例として実名で紹介した男性が既に県外に転居した事実を、演説の際に首相や政府が把握していたかについて「(男性の)プライバシーに関わる」として説明を避けた。首相や政府の認識がなぜ「プライバシー」にあたるかの説明もなかった。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長が「既に県外に移住していたとは驚きだ。県外に出ていた事実を知っていて、演説されたのでしょうか」と質問。首相…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです