メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ疑惑 米弾劾裁判 野党、大統領罷免要求 「策略の中心人物」

 トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する上院の弾劾裁判は22日、検察官役を務める野党・民主党の下院代表委員による冒頭陳述が始まった。先陣を切ったシフ下院情報特別委員長はトランプ氏について、米大統領選で自らを有利にするため権力を乱用した「策略の中心人物」と名指しし、罷免を求めた。【ワシントン古本陽荘】

 冒頭陳述は24日までの3日間で計24時間、続く予定。シフ氏は「弾劾裁判で有罪となり罷免されなければ、トランプ氏の権力乱用と議会妨害は、政府の権力分立の仕組みを永遠に変えてしまうだろう」と警告し、「再選のために外国政府を介入させた行為が弾劾に相当しないというならば、何も弾劾には相当しない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです