メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

小野木康雄さん=宗教専門紙社長に転身した元産経新聞記者

小野木康雄(おのぎ・やすお)さん(44)

 大手新聞社で約20年、事件や宗教の取材を続けてきたが、昨年12月に一転、仏教界の動向などを報じる宗教専門紙の老舗・文化時報社(京都市下京区)の社長に就任した。交流のあった前社長に見込まれ事業を受け継いだ。「命の現場にはいつも宗教があった。宗教者とそうでない人たちの懸け橋となる新聞を目指す」と意気込む。

 大手紙時代に精力を傾けたのが過労死問題。「誰もが関わりのある『働く』ということで命を落とす理不尽さを追いたかった」。2014年に過労死防止法成立を国会で見届け、遺族たちの命への執念を肌で感じた。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです