メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

小野木康雄さん=宗教専門紙社長に転身した元産経新聞記者

 大手新聞社で約20年、事件や宗教の取材を続けてきたが、昨年12月に一転、仏教界の動向などを報じる宗教専門紙の老舗・文化時報社(京都市下京区)の社長に就任した。交流のあった前社長に見込まれ事業を受け継いだ。「命の現場にはいつも宗教があった。宗教者とそうでない人たちの懸け橋となる新聞を目指す」と意気込む。

 大手紙時代に精力を傾けたのが過労死問題。「誰もが関わりのある『働く』ということで命を落とす理不尽さを追いたかった」。2014年に過労死防止法成立を国会で見届け、遺族たちの命への執念を肌で感じた。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです