メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リモートワーク最前線

コワーキングツアー バスで片道90キロ 移動しながらも働く 人もアイデアも分散

バス車内で交流を深めるツアー参加者たち=コワーキングスペース「VACANCY OFFICE GOTANDA」提供

 会社や自宅、コワーキングスペース(共同の仕事場)など、仕事をする場所の選択肢が広がる中、首都圏から地方都市にバスで移動しながら働く「コワーキングバスツアー」が昨年1月に始まった。東京から離れて仕事をすると、何が生まれるのか。

 バスツアーは東京都品川区でコワーキングスペース「VACANCY OFFICE GOTANDA」を運営する小山拓社長(46)が発案した。昨年1月に実証実験を始め、これまでに群馬県下仁田町、山梨県北杜市、茨城県常陸太田市などで実施した。参加費は無料だ。コワーキングスペースが開くリモートワークツアーは全国でも珍しい。

 昨年9月にあったツアーは、JTBが運行する大型バスで東京・五反田から約90キロ離れた千葉県勝浦市に向かう日帰りプランで、起業家ら約20人が参加した。勝浦市に到着すると、ウエットスーツの企画・製造を手がける「ネクストレベル」の工場を視察して、廃校(旧市立清海小学校)を利用したコワーキングスペース「シェアキャンパス清海学園」で働く。行き帰りの車内には無料のWi―Fiや電源、作業用のテーブルが用意され…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです