メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

積水ハウス 仲井嘉浩社長 長生きできる家づくり IoT・AI活用、健康管理

インタビューに答える積水ハウスの仲井嘉浩社長=大阪市北区で、大西達也撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 少子高齢化で国内の住宅市場が縮小する中、住宅メーカーは新たな取り組みに活路を見いだそうとしている。積水ハウスは長寿社会を見据え、非接触型センサーを活用して血圧や脈拍を計測し、健康管理に役立てる「未来の住宅」の開発を進めている。仲井嘉浩社長(54)に未来の住宅の開発状況や新たな収益源にしようと強化しているホテル事業について聞いた。【聞き手・加藤美穂子、写真・大西達也】

 ――IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を活用した未来の住宅「プラットフォームハウス」の開発に力を入れています。

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです