メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviゲーム&ホビー

「バルーンファイト」の1周ノーミスクリアに挑戦![ゲーム芸人フジタの挑戦](GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ゲーム芸人フジタが、アラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、「バルーンファイト」の1周ノーミスクリアに挑戦!

↑1P/2Pモードは12面をクリアすると4面へ戻り、その後ループ。エンディングはない

 

任天堂
バルーンファイト
無料
(Nintendo Switch Online有料会員向けサービス)
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/onlineservice/fc/

アーケード発の風船で移動するユニークなアクション。敵を全滅させる1P/2Pモードと、記録に挑む「バルーントリップ」の2種類。

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(YouTube)

 

成功報酬は高級プリン。罰ゲームは風船マジック!?

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、敵の鳥にちなんで名古屋コーチンの卵を100%使用した鶏専門店の高級プリンをご用意しました!

 

フジタ(以下フ) プリン好きなんですよ。卵が違うだけでそんなに変わるんですかねぇ?

 

 ただし失敗の場合は、罰ゲームとして初見で風船マジックに挑戦してもらいます。

 

 僕、手先も器用なんでイケると思いますよ。まあ、罰ゲームにはならないですけど(笑)。

 

1周12面+ボーナス面をノーミスクリアせよ!

↑主人公は背中に2つの風船をつけて空を飛ぶ。2Pモードは味方にも当たり判定があるため、協力プレイのはずがいつの間にかケンカになることで有名

 

どうも~、フジタです! 実は「バルーンファイト」は、今回やるファミコン版よりもアーケード版のほうがムズいんですよ。アーケード版は天井に当たったときの跳ね返りがすごい。それと、水面をギリで飛んでると魚に一瞬で喰われます(笑)

↑難関12面。敵の風船を割ってパラシュート状態になったら体当たりして倒す。ぶつかると跳ね飛ばされる仕掛けや一定時間経つと発生する雷に注意!

 

なので、ファミコン版は自信ありますね。アーケード版が死ぬほど上手いんで、ファミコン版なら本当に死んじゃうかもしれません(笑)。鬼門は10、11、12面ですかね。当たり前ですけど敵が多ければ多いほど難しい。あとイナズマだなぁ。クリアが長引くとどんどん出てくるので、いかに最初、敵が風船を膨らます前に倒せるかがカギです。

↑スクロールする画面を移動しながら、多くの風船を割っていくエンドレスの「バルーントリップ」モード。1人用で熱中度が高く、ファンも多い

 

それでは「バルーンファイト」、スタートです。1周ということで全12面ですね。後半がどうなっていくか……。一応ファミコンはこのBボタンの浮遊があるのでやりやすくなっています。おおっと、これうまいですね。3ヒットコンボです。ステージ開始直後にどれだけ一気に敵を倒せるか、それがこのゲームのすべてみたいなところ、ありますからね(笑)。(あっという間に3面をクリアするフジタ)。

↑3ステージ終わるごとにボーナスステージが登場。煙突から出てくる風船を割ってスコアを稼いでいく

 

で、ここがボーナスステージ。風船の色が緑、オレンジ、赤の順に速くなっていくわけです。左右のループを駆使すると結構危ないんですよ。勢いがついちゃってうまく止まれない。それでも行っちゃうのがプロなんでしょうね(笑)。いやぁ、上手いっすね。もし、いまの1回でも左右の方向を間違っていたら、すべて取れてないですよ。

 

【やり込んでいるだけあって完璧なプレイを見せるフジタ。挑戦の結果は動画で!!】

撮影:高原マサキ(TK.c)

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(YouTube)

 

©2019 CITY CONNECTION CO., LTD.

【関連記事】
「じゃじゃ丸の大冒険」15〜20面ノーミスクリアに挑む!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです