特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

「桜」名簿データ廃棄ログ、なぜ開示できない 「セキュリティー上の問題」とは何なのか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」野党ヒアリングで説明する官僚に事実を詰める野党議員ら=国会内で2020年1月23日午後5時27分、山下貴史撮影
「桜を見る会」野党ヒアリングで説明する官僚に事実を詰める野党議員ら=国会内で2020年1月23日午後5時27分、山下貴史撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、招待者名簿の電子データを廃棄した記録(ログ)はなぜ開示できないのだろうか。安倍晋三首相が22日の衆院代表質問への答弁で「セキュリティー上の問題」を挙げたことに、疑問の声があがっている。野党は23日に国会内で開いた追及本部のヒアリングで「いつ廃棄したかは、セキュリティーの問題ではない」と内閣府を追及し続けた。同日の官房副長官による記者会見でも、記者から「日時を示すだけなら問題ないのではないか」との質問が相次いだ。

 問題となっている招待者名簿は、2019年5月9日に野党議員が資料要求した直後にシュレッダーで廃棄された。

 名簿は紙媒体のほかに電子データもあった。しかしこの電子データも、内閣府が職員へ聞き取った「記憶」によると、5月7~9日に廃棄したとされている。政府は、「野党の資料要求前から廃棄を決めていた」との説明を繰り返す。これに対し野党は「資料要求があったから急いで廃棄したのではないか」との疑問を持ち続ける。納得する材料として、廃棄の「記録」を出すよう求め続けている。

 電子データの廃棄記録が、野党による資料要求の前の5月9日の昼以前なら、政府の「潔白」が証明できるはずだ。しかし政府はログについても不開示の方針を崩さない。「ルールに従って削除した。担当職員にも話を聞いており、これ以上の調査は考えていない」という主張だ。

 このログ不開示について、首相が新たな理由を述べたのが22日の答弁だ。立憲民主党の枝野幸男代表が開示を求めたのに対し、「セキュリティー」の問題を持ち出した。「ログは不正侵入や不正操作等を検知するための重要な材料となるもので、その内容を明らかにすれば不正侵入等を助長するおそれがある」と。

 しかし、野党が求めるのは、招待者名簿のデータが廃棄された日時のみだ。それを示すだけでセキュリティー上の問題が起こるとは考えにくい。23日の野党ヒ…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1647文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい