特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

「だったら結婚しなくていい」やじ 野党が特定と謝罪、撤回求める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂(手前)と周辺=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影
国会議事堂(手前)と周辺=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影

 立憲民主党など野党の衆院議員6人は24日、22日の衆院代表質問で選択的夫婦別姓の導入を求める質問の際、「だったら結婚しなくていい」とのやじが飛んだ問題で、発言者を特定し、謝罪と撤回を促すよう求める申し入れ書を大島理森衆院議長宛てに提出した。

 提出したのは、連名順に、高橋千鶴子氏(共産)▽小宮山泰子氏(国民民主)▽尾辻かな子氏(立憲民主)▽池田真紀氏(同)▽関健一郎氏(国民民主)▽中谷一馬氏(立憲民主)。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文826文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集