連載

リモートワーク最前線

インターネットや柔軟な働き方の導入で「会社から離れて働く」ことが注目されています。「働くこと」はどう変わる?

連載一覧

リモートワーク最前線

週休3日、朝5時半始業、テレワーク、つながらない権利…欧米の柔軟な働き方とは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
欧米の柔軟な働き方を研究するリクルートワークス研究所の村田弘美グローバルセンター長=東京都千代田区で2020年1月16日午後3時10分、竹下理子撮影
欧米の柔軟な働き方を研究するリクルートワークス研究所の村田弘美グローバルセンター長=東京都千代田区で2020年1月16日午後3時10分、竹下理子撮影

 政府主導の働き方改革で、国内でも在宅勤務(テレワーク、リモートワーク)や、従業員自身が働く時間を決定できるフレックスタイム制が広まりつつある。しかし、オランダで働く、私の友人は「毎日午後5時には帰っているし、パートナーは週休3日だよ」という。欧米の柔軟な働き方はどこまで進化しているのか。海外の労働事情に詳しいリクルートワークス研究所の村田弘美・グローバルセンター長(55)に聞いた。【竹下理子/東京経済部】

この記事は有料記事です。

残り1990文字(全文2195文字)

あわせて読みたい

注目の特集