メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

4月末に閉店する商業ビル「クロサキメイト」=北九州市八幡西区で2020年1月24日午後2時20分、下原知広撮影

 北九州市八幡西区のJR黒崎駅前にある商業ビル「クロサキメイト」(8階建て)の運営会社「メイト黒崎」は24日、東京地裁に破産を申し立て、財産の保全管理命令を受けたと発表した。百貨店の井筒屋黒崎店と専門店などが入居するクロサキメイトは4月末で閉店する。保全管理人は「譲渡先を1カ月程度探す」としているが、営業継続は困難な見通しで、地域経済への影響も懸念される。

 メイト黒崎は北九州市も出資する第三セクター。民間信用調査会社の東京商工リサーチなどによると、負債総額は約25億円。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです