メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO 新型肺炎の緊急事態宣言見送り「中国国内に流行が限定」

 世界保健機関(WHO)は23日、中国で感染が広がっている新型コロナウイルスへの対応に関する専門家の緊急委員会を開催し、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)には今のところ該当しないと判断した。WHOのテドロス事務局長は、「ウイルスの流行がまだ中国国内に限られているため」と理由を説明した。一方で「今後も同じ状況で推移するとは言えない。注意深く見守る必要がある」と述べ、他国での感染の広がりによっては再び緊急委員会を開いて対応を協議する。

 PHEICは、国境を越えて感染が拡大する危険性がある場合に事務局長が宣言し、貿易や渡航の制限などを含めた感染拡大防止策を勧告する。テドロス氏は、中国国外でヒトからヒトへの感染事例が確認されていないと指摘。「WHOが状況を深刻に捉えていないということではない。中国では緊急事態だが、国際的な緊急事態にはなっていない」との認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです