メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、パレスチナ問題で近く包括的和平案 実現見通しなく選挙対策か

トランプ大統領=AP

 トランプ米大統領は23日、イスラエルとパレスチナの包括的な和平案を近く発表する考えを示した。政府専用機内で記者団に語った。ホワイトハウスはトランプ氏が28日にイスラエルのネタニヤフ首相と議会第1党トップのガンツ元軍参謀長とワシントンで会談すると発表。和平案の公表はその直前になる見通しだ。

 トランプ氏は「パレスチナは最初は否定的な反応をするだろうが、内容は彼らにとって有益なものだ」と強調。パレスチナ側とも接触したと明かした。

 トランプ政権は2019年6月、多額の投資を柱とするパレスチナへの経済支援策を発表。その後、政治面も含めた和平案を発表する予定だったが、イスラエル政局の不安定化のため先延ばししていた。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです