オスプレイ2機参加「冬の特性共有」 日米共同訓練26日本格化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米軍輸送機オスプレイ=徳野仁子撮影
米軍輸送機オスプレイ=徳野仁子撮影

 22日から2月8日まで行われる陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練。26日から本格的な訓練が始まるのを前に、陸自北部方面総監部(札幌市中央区)は23日、垂直離着陸輸送機オスプレイ2機が参加し、飛来は27日以降になることを明らかにした。道内4カ所の駐屯地などで、日米共同訓練としては国内最大規模の日米約4100人が参加する。道内では2017年8月以来2回目で、冬季は初めてとなる。【土谷純一】

 訓練は、北海道大演習場(恵庭市など)▽矢臼別演習場(別海町など)▽帯広駐屯地(帯広市)――で実施し、オスプレイの補給基地として航空自衛隊千歳基地(千歳市)を使用する。道内を補給拠点にオスプレイが訓練参加するのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1232文字)

あわせて読みたい

ニュース特集