メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武漢からの40代男性旅行者、国内2例目の新型肺炎 中国で発熱、来日後も症状続く

武漢から到着した乗客らに対し、体表面の温度が分かるサーモカメラを使った検査が行われる検疫検査場=成田空港で2020年1月23日午後2時5分、滝川大貴撮影

 厚生労働省は24日、中国の湖北省武漢市から日本に旅行に来ている40代男性が、新型コロナウイルスに感染しているのを確認したと発表した。国内で感染が確認されたのは2例目。男性は22日から東京都内の医療機関に入院している。容体は安定しているという。

 同省によると、男性は今月14日に発熱。中国国内で15、17日に医療機関を受診したが、肺炎の診断はな…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです