メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武漢からの40代男性旅行者、国内2例目の新型肺炎 中国で発熱、来日後も症状続く

武漢から到着した乗客らに対し、体表面の温度が分かるサーモカメラを使った検査が行われる検疫検査場=成田空港で2020年1月23日午後2時5分、滝川大貴撮影

 厚生労働省は24日、中国の湖北省武漢市から日本に旅行に来ている40代男性が、新型コロナウイルスに感染しているのを確認したと発表した。国内で感染が確認されたのは2例目。男性は22日から東京都内の医療機関に入院している。容体は安定しているという。

 同省によると、男性は今月14日に発熱。中国国内で15、17日に医療機関を受診したが、肺炎の診断はな…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです