メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀県知事「玄海町長は説明責任果たすべきだ」 原発関連企業から現金

記者団に問題発覚の受け止めなどを語る山口知事=佐賀市で2020年1月23日、竹林静撮影

 九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長は23日、福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」から現金を受け取ったことを記者会見の場で認め、「町民、県民にも迷惑をかけたことを反省し、おわびする」と頭を下げた。脇山氏は同社への便宜供与は否定したが、返金の仲介者は死亡したと説明。関西電力などの金品受領問題に続き、原発マネーの不透明さを改めて印象づけた。【関東晋慈、竹林静】

 問題の発覚を受け、県庁で報道陣の取材に応じた山口祥義知事は23日午前、「町長が説明責任を果たすということに尽きるのではないか」と語った。知事自身の金品受領については「私は一切もらっていない」と否定。「原発に関しては県民との信頼関係が何よりも大事。少しでも疑念を持たれると政治家としての発言が信用されなくなる。疑われることがないよう丁寧に対応している」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです