メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎、各地で警戒 春節で中国人観光客目立つ マスク売り上げ急増

マスク姿で移動する中国からの乗客=関西国際空港で2020年1月24日午前11時18分、久保玲撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する中、中国の「春節」(旧正月)に伴う大型連休が24日始まり、関西国際空港(大阪府)には来日したばかりの中国人旅行者の姿が目立った。近畿の観光地や百貨店など大勢が集まる場所では警戒を強め、手洗いを呼びかけたり消毒液を置いたりと予防策を取り始めた。一方で、今後の感染拡大が客足などに影響しないか懸念する声も聞かれる。【鶴見泰寿、反橋希美、加藤美穂子、津久井達】

 「春節祭」のイベントがこの日始まった神戸市中央区の中華街・南京町では、地区への出入り口や広場などにアルコール消毒液を置き、日本語と中国語で「感染拡大防止に有力」と書いた紙で利用を呼びかける。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです