メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下着盗んで懲戒免職の元警官、被害女性は同僚 初公判で実名も明らかに

愛媛県警本部=松山市で、中川祐一撮影

 同僚女性の下着を盗んだなどとして、窃盗罪と児童買春・児童ポルノ禁止法違反に問われた元愛媛県警巡査部長で松山市、無職の井上隆被告(45)の初公判が24日、松山地裁(楠真由子裁判官)であった。井上被告は起訴内容について認め、検察側は懲役1年6月を求刑、弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。

 2019年10月の県警による懲戒免職処分と、同12月の松山地検による起訴の発表では被告の氏名は匿名とされたが、公判で明らかになった。被害女性が当時同じ警察署に勤…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです