メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄金世代を追え

琴勝峰「のけぞっても」 豊昇龍「引かない相撲」で そろって勝ち越し

十両で2場所連続の勝ち越しを決めた琴勝峰=東京・両国国技館で2020年1月24日午後2時52分、村社拓信撮影

 大相撲初場所13日目の24日、十両2場所目の豊昇龍(20)と琴勝峰(20)がそろって勝ち越しを決めた。

 琴勝峰は三役経験のある千代鳳(27)に攻め込まれたが、土俵際で大きくのけぞって残ると、体を入れ替えて寄り切った。逆転勝ちに「良くなかった。引いてしまった。あの残し方はけがにつながる」と、喜びよりも反省が先に口を突いた。

 7勝目を挙げてから2連敗。「三度目の正直」で新十両だった先場所に続いて勝ち越し、「とりあえず良かった」と表情を緩めた。「勝ち越せたが、内容が良くない。来場所に向けて厳しくしないといけない。しっかり修正したい」と身長190センチの大器は気を引き締めていた。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです