ノーギャラで出演 香港映画「淪落(りんらく)の人」主演、アンソニー・ウォンさんインタビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「淪落の人」に主演したアンソニー・ウォンさん=東京都新宿区で、西田佐保子撮影
「淪落の人」に主演したアンソニー・ウォンさん=東京都新宿区で、西田佐保子撮影

 車椅子生活を送る中年男性と住み込みのフィリピン人家政婦が次第に心を通わせていく姿を描いた映画「淪落(りんらく)の人」(2019年)が、2月1日に公開される。香港で大ヒットし、海外の映画祭でも高い評価を得た同作。「ティッシュペーパーを用意して見に来てください」。そう語るのは、脚本にほれ込み、ノーギャラで出演したというアンソニー・ウォンさん(58)。「インファナル・アフェア」(2002年)や「イップ・マン 最終章」(13年)などに出演してきた香港を代表する名優だ。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り2276文字(全文2516文字)

あわせて読みたい

注目の特集