連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

グレタさん、温暖化語るのに「学位いらない」 米財務長官に反論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは23日、世界の温暖化対策が不十分なことを理解するのに学位は必要ないと述べ、ムニューシン米財務長官の発言に反論した。写真はダボス会議に参加するグレタさんで、21日に撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse) 拡大
 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは23日、世界の温暖化対策が不十分なことを理解するのに学位は必要ないと述べ、ムニューシン米財務長官の発言に反論した。写真はダボス会議に参加するグレタさんで、21日に撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

 [ダボス(スイス) 23日 ロイター] - スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは23日、世界の温暖化対策が不十分なことを理解するのに学位は必要ないと述べ、ムニューシン米財務長官の発言に反論した。

 ムニューシン長官はこの日、スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)での記者会見で、グレタさんの温暖化対策の訴えについて問われた際、「彼女はチーフエコノミストかい? まず大学で経済を勉強してきてから、我々に説明してほしいものだ」と皮肉った。

 ビジネス向け交流サイト(SNS)リンクトインのプロフィールによると、ムニューシン長官はイエール大学経済学部の学士号を有する。

 グレタさんは今週、トランプ米大統領が会議で1兆本の植林を約束したのに対し、温暖化対策は木々だけの問題ではないとも反論していた。

 グレタさんは、ツイッターへの投稿で「あなた方は、この(問題の)軽減策をどう実行するのか私たちに説明するか、将来の世代や環境危機の影響をすでに受けている人々に対し、なぜ温暖化対策の約束を放棄すべきなのか説明する必要がある」と訴えた。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集