メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー W杯 ノルディック・ジャンプきょう第8戦 高梨、挑む100度目表彰台 「真ん中に、再び」

今季最高の2位でW杯通算99度目の表彰台に立ち、笑顔を見せる(左から)高梨沙羅、エバ・ピンケルニヒ、キアラ・ヘルツル=山形市のクラレ蔵王シャンツェで2020年1月17日、藤井達也撮影

 ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅(23)=クラレ=が、女子で初となるワールドカップ(W杯)個人通算100度目の表彰台に、あと「1」と迫っている。到達すれば、男子を含めてもヤンネ・アホネン(フィンランド)以来2人目の大台となるが、「特に何も考えていない」と記録に無関心で、平常心を保っている。25、26日にルーマニア・ルシュノブで開かれる個人第8、9戦で偉業達成なるか。【角田直哉】

 17日、山形・クラレ蔵王シャンツェであった個人第6戦。高梨は1回目92・5メートル、2回目91・5メートルで今季最高の2位に入り、通算99度目の表彰台に立った。19日の個人第7戦でも、2回とも90メートル超の飛躍をそろえたが、4位。自国での大台はならなかったが、「動き自体は悪くない。ゆっくりでも、前に進むことができている」とうなずいた。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです