メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望コンサートは5月の初開催を皮切りに3回開かれ、被災者たちに感動を届けた。写真は3回目の会場の様子=神戸市中央区の神戸市産業振興センターで1995(平成7)年8月26日午後4時すぎ撮影

 震災直後の混乱が少し落ち着いた1995年5月、被災地の生活情報を満載した特別紙面「希望新聞」に取り組んだ記者たちが、神戸市中央区のホールで地元のボランティアグループと「希望コンサート」を企画した。

 出演は米国での生活40年のピアニスト、池宮正信さん。19世紀後半、奴隷社会がまだ色濃く残る米国で黒人たちが作り、全米を席巻した音楽「ラグタイム」ではトップの演奏家だった。公演のため来日した池宮さんから旧知の私に電話…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです