メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CINEMA

嘘八百 京町ロワイヤル /愛知

(C)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

 中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演の「開運お宝コメディー」。贋作(がんさく)仕事から足を洗った古美術商・小池則夫(中井貴一)と、腕はあるが落ちぶれてくすぶる陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)の2人が織りなす。前作同様、武正晴監督がメガホンを取った。

 京都と堺でそれぞれ再出発したのもつかの間、テレビ番組に過去をスッパ抜かれて人生に暗雲が垂れこめる。そんな則夫の前に現れたのは謎の美人(広末涼子)。武将茶人・古田織部の幻の茶器がだまし取られたと聞き、堺から佐輔を呼び寄せ、愛と正義の贋作作戦が展開される。

 織部の茶器の魅力は「歪(ゆが)み」と「疵(きず)」という。歪みまくり、疵だらけだが、どこか憎めない人間たちのだまし合いが交錯する。クライマックスは京都の名勝・渉成園での大茶会。幻の茶器をテレビのお宝番組で生放送するという。想像を超えた逆転劇は……。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです