メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CINEMA

嘘八百 京町ロワイヤル /愛知

(C)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

嘘(うそ)八百 京町ロワイヤル

 中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演の「開運お宝コメディー」。贋作(がんさく)仕事から足を洗った古美術商・小池則夫(中井貴一)と、腕はあるが落ちぶれてくすぶる陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)の2人が織りなす。前作同様、武正晴監督がメガホンを取った。

 京都と堺でそれぞれ再出発したのもつかの間、テレビ番組に過去をスッパ抜かれて人生に暗雲が垂れこめる。そんな則夫の前に現れたのは謎の美人(広末涼子)。武将茶人・古田織部の幻の茶器がだまし取られたと聞き、堺から佐輔を呼び寄せ、愛と正義の贋…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです