メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 水際防止へ呼びかけ 関空、中国発の乗客にカード /大阪

訪日客に新型肺炎への注意を促す「健康カード」を配る検疫所の職員=関西国際空港で、鶴見泰寿撮影

 中国湖北省武漢市を中心に感染が広がる新型コロナウイルスによる肺炎を水際で防ごうと、関西国際空港の国際線検疫検査場で24日、中国からの訪日客に感染拡大防止への協力を呼びかける「健康カード」の配布が始まった。

 健康カードは日英中の3カ国語で書かれ、武漢市に滞在したことがある人で、感染が疑われる症状があったり、解熱剤を服用…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです