特集

センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から31日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

明石商、飛躍の春 チーム一丸、初の頂点へ(その2止) /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
目指すは紫紺の大旗。全員で気合を入れる明石商ナイン=兵庫県明石市の明石商グラウンドで、韓光勲撮影
目指すは紫紺の大旗。全員で気合を入れる明石商ナイン=兵庫県明石市の明石商グラウンドで、韓光勲撮影

 <センバツ2020>

投打に高レベル

秋季県大会の準決勝で力投する中森俊介投手=明石トーカロ球場で2019年10月5日午前9時58分、黒詰拓也撮影 拡大
秋季県大会の準決勝で力投する中森俊介投手=明石トーカロ球場で2019年10月5日午前9時58分、黒詰拓也撮影

 中森俊介投手(2年)、主将の来田涼斗外野手(2年)という全国トップクラスの中心選手を擁し、投打に高いレベルを誇る。

 19年秋の県大会は決勝で報徳学園に敗れたが、堂々の準優勝。続く近畿大会は準々決勝で大阪桐蔭に3―4で惜敗してベスト8に終わったが、準優勝校を相手に互角の戦いを繰り広げ、「負けてなお強し」と印象づけた。

のけぞるように大きく体を回転させるのが打席でのルーティン。豪快なスイングで観客を魅了する来田涼斗主将=明石トーカロ球場で2019年10月5日、望月靖祥撮影 拡大
のけぞるように大きく体を回転させるのが打席でのルーティン。豪快なスイングで観客を魅了する来田涼斗主将=明石トーカロ球場で2019年10月5日、望月靖祥撮影

 エースの中森投手は181センチの長身から投げ下ろす本格派右腕。1年時の夏の甲子園で球速145キロを出して注目を浴び、昨夏の甲子園では151キロを記録した。2番手右腕の中野憂翔投手(2年)は切れのいい変化球で勝負する。打線は来田主将や植本拓哉内野手(2年)、福本綺羅(ひかる)外野手(1年)ら長打力のある打者がそろい、機動力もある。近畿大会の敗戦後、狭間善徳監督は「びくともしないチームを作って、リベンジしたい」と力強く語った。目指すは紫紺の大優勝旗のみだ。

 ◆学校紹介

秋季県大会の決勝で声をからしてエールを送る明石商の野球部員=明石トーカロ球場で2019年10月6日午後1時38分、黒詰拓也撮影 拡大
秋季県大会の決勝で声をからしてエールを送る明石商の野球部員=明石トーカロ球場で2019年10月6日午後1時38分、黒詰拓也撮影

OBに松本航投手ら

 1953年に開校した明石市唯一の市立高校。国際会計科と商業科に計約840人が学ぶ全日制の男女共学校で、商業科には体育に力を入れる「スポーツ科学コース」も置かれている。

 野球部は開校と同時に創部。近年の躍進は目覚ましく、センバツは初出場の2016年に8強、19年に4強入り。夏の甲子園は18年に初出場し、19年は4強まで勝ち上がった。

 部活動は、計算事務などの文化部も活躍している。

 主な卒業生に西武の松本航投手、車いすテニスの上地結衣選手ら。19年春、夏に甲子園を沸かせた水上桂捕手(3年)は、秋のドラフトで楽天に7位指名された。明石市魚住町長坂寺1250(078・918・5950)


 <秋季県大会>

2回戦(9月15日、明石トーカロ球場)

明石商 0206012=11

舞子  0000100=1

(七回コールド)

3回戦(9月21日、同)

関西学院 0010000=1

明石商  2000501=8

 (七回コールド)

準々決勝(9月23日、姫路・ウインク球場)

赤穂  00000=0

明石商 0038×=11

 (五回コールド)

準決勝(10月5日、明石トーカロ球場)

神戸国際大付

  000000030=3

  11110000×=4

明石商

決勝(10月6日、同)

明石商

  000000100=1

  22000010×=5

報徳学園

 <秋季近畿地区大会>

1回戦(10月21日、奈良県橿原市・佐藤薬品スタジアム)

東山(京都)

  000120000=3

  00510110×=8

明石商

準々決勝(10月27日、同)

明石商

  120000000=3

  00300100×=4

大阪桐蔭


明石商の甲子園全成績

 <2016年>

第88回・センバツ◇

3月22日 1回戦  ○3-2日南学園(宮崎)

  26日 2回戦  ○3-0東邦(愛知)

  28日 準々決勝 ●1-2龍谷大平安(京都)

 <2018年>

第100回・選手権◇

8月11日 1回戦 ●8-9八戸学院光星(青森)

 <2019年>

第91回・センバツ◇

3月27日 1回戦 ○7-1国士舘(東京)

  30日 2回戦 ○13-4大分(大分)

  31日 準々決勝○4-3智弁和歌山(和歌山)

4月 2日 準決勝 ●2-4東邦(愛知)

第101回・選手権◇

8月11日 2回戦 ○4-3花咲徳栄(埼玉)

  16日 3回戦 ○3-2宇部鴻城(山口)

  18日 準々決勝○7-6八戸学院光星(青森)

  20日 準決勝 ●1-7履正社(大阪)=甲子園通算12戦8勝4敗


近畿大会・準々決勝の先発メンバー

1◎ 来田涼斗  (2) 中堅

2  井上隼斗  (2) 遊撃

3  植本拓哉  (2) 一塁

4  福本綺羅  (1) 右翼

5  宮城光伸  (2) 二塁

6  福井雄太  (2) 左翼

7  名村康太郎 (2) 捕

8  井崎太玖翔 (2) 三塁

9  中森俊介  (2) 投


部長 浦井佑介

監督 狭間善徳

 ※左から打順、名前、学年、守備位置。◎は主将。敬称略

【センバツ高校野球】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい