メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利の方程式

大和のアスリートたち 社会人野球・大形宏紀選手(GSG斑鳩) 年を重ね感じる「感謝」 /奈良

小学校教諭をしながらクラブチームでエースを続ける大形選手。車の助手席には常に使い込まれた硬式ボールがあるという=大阪府池田市で、稲生陽撮影

 所属する県内の社会人野球チーム「GSG斑鳩」で20年近くもエースを張る。43歳。かつてのような速球にものを言わせた力任せの勝負は難しくなったが、だからこそ見えてきたものがある。「年を重ねて感じるのは、ミスをカバーし合える仲間への感謝、そして野球を続けさせてくれる周囲への感謝。若い頃は自分が、自分が、ばかりでしたが、ようやく野球の本当の楽しさが分かってきたように思います」

 奈良市学園前の住宅地の出身。小学4年から始めた野球は、高校時代までは打撃が振るわずベンチから外れる悔しさも経験したが、奈良教育大時代に投手に転向すると本格派右腕に成長。4年次の県知事杯大会では優秀選手賞にも輝いた。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです