南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
南海トラフ地震で主な自治体で想定される津波の発生確率
南海トラフ地震で主な自治体で想定される津波の発生確率

 政府の地震調査委員会は24日、南海トラフ地震による津波が今後30年以内に起こる確率を推計した結果を発表した。大津波警報の発表基準に相当する3メートル以上の津波は、太平洋側の10都県71市区町村に及ぶ広範囲で26%以上の非常に高い確率で襲来すると予測。5メートル以上は、静岡、三重、高知など7都県29市町村で26%以上の確率で起こるとした。今回の想定で津波の高さが最も大きい10メートル以上は、静岡、三重、和歌山、高知などの6県21市区町で6~26%の確率だが、26%以上の市区町村はなかった。【信田真由美】(27面に特集)

 100~200年間で繰り返し発生しており起きる可能性が高い大地震を中心に想定した。政府が津波の被害想定を「確率」の形で示したのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1129文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集