メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

なぜ自衛隊は中東に行ったの? 昨年タンカー攻撃発生、安全確保への情報収集=回答・町田徳丈

情報収集活動にあたっている海上自衛隊のP3C哨戒機=ジブチで(防衛省提供)

 なるほドリ 中東に派遣された海上自衛隊(かいじょうじえいたい)が活動を始めたね。そもそもなぜ行ったの?

 記者 中東は、石油を産出・輸出する産油国が集中し、日本も石油の9割を輸入しています。ペルシャ湾とオマーン湾を結ぶホルムズ海峡(かいきょう)は年間約3900隻の日本関係船舶が通るそうです。一方で2018年から米国とイランの対立が深まり、中東情勢が不安定になりました。19年にはホルムズ海峡付近で何者かによるタンカーへの攻撃も起き、イランの関与を指摘する米国が海洋安全保障イニシアチブ(有志連合(ゆうしれんごう))を提唱して艦艇を派遣しました。日本は有志連合には参加しないものの、独自に航行の安全確…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです