メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

森の民主主義=編集委員・元村有希子

元村有希子

 「オラこんな山いやだ」

 こんな見出しの記事が新聞の1面に載ったのは1992年1月。冬眠期のツキノワグマが空腹に耐えかねて人里に現れ、射殺されたことを報じていた。

 当時、兵庫県尼崎市の中学生だった室谷(むろたに)悠子さん(42)は衝撃を受けた。はじめは「クマがかわいそう」、やがて「クマがすめる森が減っているからだ」と気づく。

 生き物に恵みをもたらす豊かな自然林を取り戻そう――。室谷さんが会長を務める「日本熊森(くまもり)協会」の原点には、この体験がある。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです