メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日銀、インフレ目標遠く=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

加藤出氏

 国債の大規模購入などによる異次元金融緩和に日銀がマイナス金利政策を加えてから間もなく丸4年が経過する。だが目標の2%のインフレは依然としてはるか遠くにある。

 欧州でもマイナス金利政策は実施されている。ドイツでは企業の預金の6割程度、個人の預金の2割強にマイナス金利が課せられている。「なぜ貯蓄に励む人が罰せられるのか?」と怒るドイツ人は多い。マイナス金利の副作用を心配して、スウェーデンの中央銀行はインフレ目標未達成なのに昨年12月、この政策を終了した。

 マイナス金利政策を行っていない米国はどう見ているのだろうか。米連邦準備制度理事会(FRB)は昨年10月の会合で日本や欧州の状況を分析した結果、マイナス金利の効果は「不明瞭」で「大きなゆがみをもたらす」ため「米国にとって魅力的な政策に見えないと全参加者が判断した」と記述している。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです