メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

新型肺炎 春節祝賀、異状あり

新型コロナウイルスによる肺炎への注意を呼びかける電光掲示板=関西国際空港で2020年1月24日午前11時50分、久保玲撮影

 中国人が盛大に祝う春節(旧正月)の大型連休が24日に始まった中国だが、全土に新型肺炎が広がる異常事態となった。感染防止のため北京の紫禁城(故宮博物院)や上海ディズニーランドが25日から閉園する一方で、祝賀行事を優先させた政府関係者が非難を浴びるなど、対応を巡る混乱が増している。国内2例目の感染が確認された日本でも対策に追われている。

 感染者が集中する湖北省武漢市では、医療現場から患者数の急増や医療資材の不足に悲鳴が上がる。そんな中、地元指導者が春節の祝賀行事に興じていたことが発覚し、行政に対する信頼が失墜している。

 中国メディアによると、湖北省トップの蔣超良(しょうちょうりょう)・共産党委書記やナンバー2の王暁東(おうぎょうとう)・省長ら省幹部が21日夜、武漢市の公会堂で、各界の代表と春節の祝賀ステージを楽しんだ。出演した歌舞団が公式アカウントでステージの様子を紹介し、「かぜや鼻詰まりなどの困難はあったが、病気を抱えながら美しい演技ができた」と出演者の声を伝えた。これにインターネットメディアが飛びつき、23…

この記事は有料記事です。

残り2544文字(全文3005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです