メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」 第2次安倍政権で「政治家枠」膨張、国際貢献功労者など減少 「コネ」重視浮き彫り

招待者の推薦区分内訳

 首相主催の「桜を見る会」を巡り内閣府が21日に国会に示した新資料を読み解くと、招待者や支出の増加ぶりが克明に浮かび上がる。特に第2次安倍政権となってから「政治家枠」が膨張し、「功労」よりも「政治家とのコネ」が重視されていることが読み取れる。

小泉政権時と比較 国際貢献などの功労者224人減

 「政治家枠」の膨張は、小泉政権時と比べると明らかだ。2019年12月に国立公文書館が公開した小泉政権時(05年度)の招待者の内訳を見ると、「総理大臣、自民党、公明党、正副官房長官」の合計は2744人。新資料で判明した19年度分の「各界功績者(総理大臣等)」は8894人で、「政治家枠」は約3・24倍に増えた。全体では計8737人から計1万5420人に増え、増加分の約92%を「政治家枠」が占めた。

 著名な芸能人やスポーツ選手を含む「芸術・文化・スポーツ」も05年度の201人から19年度は260人に増加。ピークの15年度には390人に達した。内閣府によると、著名人は一般招待者とは別の入場門を利用し、安倍晋三首相と触れあう機会も特別に設けられた。

 対照的に、国際貢献や災害復旧などの功労者は406人から182人に減った。国会議員や閣僚、各国の大使や公使などは増減幅が小さく、小泉政権と比べて横ばいだった。

 桜を見る会は本来、「首相が各界で功績、功労のあった方々を招き、日ごろのご苦労を慰労するとともに、親しく懇談される内閣の公的行事」(菅義偉官房長官)だ。しかし、招待者の内訳の変遷からは本来の趣旨を逸脱した実態がうかがえる。安倍首相は24日の参院本会議で「招待基準が曖昧で結果として招待者が膨れ上がった」と述べたが、「私物化」「公私混同」といった批判には正面から答えなかった。

落札業者、13年度から同一

 一方、新資料にある11年度以降の支出額の推移を見ると、予算…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文1349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです