メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

マスク姿で移動する中国からの乗客=関西国際空港で2020年1月24日午前10時11分、久保玲撮影

 中国・湖北省武漢市などで感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎で、仏保健省は24日、フランス国内で感染者計3人を確認したと発表した。欧州では初めて。また、中国政府は25日、国内の新型肺炎の患者が1287人に増え、うち死者も41人となったと発表した。

 仏メディアによると、フランスでの感染者の1人は南西部ボルドー在住の男性(48)で、中国に数日間、仕事で滞在し、その間に武漢に立ち寄った。22日にフランスに帰国した後、体調を崩して23日に受診した。もう1人はパリの男性で、中国に滞在歴があった。2人とも現在は病院で隔離されている。3人目の感染者はすでに感染していた2人のどち…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです