メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国クルーズ船が博多に3隻寄港へ 新型肺炎水際阻止へ準備進める福岡市

マスク姿で移動する中国からの乗客=関西国際空港で2020年1月24日午前10時11分、久保玲撮影

 福岡市は24日、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止に向けた対策本部会議を開いた。中国では春節(旧正月)に伴う大型連休が24日から始まっており、感染の疑いがある宿泊客らがいた場合、直ちに保健所へ連絡するよう市内の宿泊施設に協力を要請することなどを確認した。

 30日までの春節の連休中に中国から3隻のクルーズ船が博多港への寄港を予定しており定員は計約1万1000人。また、昨年1月には約1…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  3. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです