中国クルーズ船が博多に3隻寄港へ 新型肺炎水際阻止へ準備進める福岡市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスク姿で移動する中国からの乗客=関西国際空港で2020年1月24日午前10時11分、久保玲撮影
マスク姿で移動する中国からの乗客=関西国際空港で2020年1月24日午前10時11分、久保玲撮影

 福岡市は24日、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止に向けた対策本部会議を開いた。中国では春節(旧正月)に伴う大型連休が24日から始まっており、感染の疑いがある宿泊客らがいた場合、直ちに保健所へ連絡するよう市内の宿泊施設に協力を要請することなどを確認した。

 30日までの春節の連休中に中国から3隻のクルーズ船が博多港への寄港を予定しており定員は計約1万1000人。また、昨年1月には約1…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集