「春が来た」クマ勘違い? 異常暖冬、1月の秋田で目撃 気性荒い恐れ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
本州に生息するツキノワグマ=富山県自然保護課提供
本州に生息するツキノワグマ=富山県自然保護課提供

 24日午前9時ごろ、秋田県湯沢市川連町の市道を熊が歩いているのを同市の10代女性が目撃した。現場は直近の民家まで約10メートルと人の生活圏に接しており、県警の担当者は「1月で熊の目撃はかなり珍しい。他県でも目撃情報が出ており、例年以上に注意する必要がある」と話している。

 湯沢署によると、目撃された熊の体長は約80センチ。県警地域課によると、県内で熊の目撃情報が寄せられたのは今年に入って初めて。現在…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集