八戸発のワインがデビュー3年目 香り華やかな白に加え、今年は赤も初登場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3年目を迎えた八戸ワインを披露する澤内昭宏さん=八戸市の澤内醸造で2020年1月24日、塚本弘毅撮影
3年目を迎えた八戸ワインを披露する澤内昭宏さん=八戸市の澤内醸造で2020年1月24日、塚本弘毅撮影

 青森県八戸市柏崎のワイナリー「澤内醸造」は24日、2018年にデビューして3年目を迎えた八戸ワインを同醸造で披露した。

 3年目産は昨年と同じ白とロゼのスパークリングに、白ワインとロゼワインが加わり、4種類計2000本(1本750ミリリットル)を生産。25日から市内のスーパーや酒販店、同醸造などで発売される。税込…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集