メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

成田空港=中村宰和撮影

[PR]

 千葉県警は25日、成田国際空港警備隊の男性巡査長(26)が空港の従業員用トイレに実弾入りの拳銃や手錠を置き忘れる事案があったと発表した。航空会社の職員が気付いて約4分後に回収され、使われた形跡もなかった。

 同隊によると、巡査長は24日午後4時半ごろ、空港内を巡回中にトイレの個室に入った際、実弾5発入りの拳銃と手錠、警棒を付けたベルトを床に置き忘れた。巡査長は「失念していた」と話しているという。

 同隊は「警察官が拳銃を忘れることなどあってはいけない。指導を徹底して再発防止に努めていく」とコメントしている。【加藤昌平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです