メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

[PR]

 24日午前10時20分ごろ、愛知県刈谷市野田町十三塚の市道交差点で、下水管の清掃をしていた同県武豊町山ノ神、会社員、林輝昌さん(47)がマンホールから頭を出した際、右折しようとした近くに住むパート、重野弥生さん(47)の乗用車と接触した。林さんは25日未明、脳挫傷により、搬送先の病院で死亡した。

 県警刈谷署によると、マンホールは信号交差点の横断歩道上にあり、林さんは作業を終え、地上に出ようとしていた。接触により、3・2メートル下まで転落したという。

 当時、マンホールのふたは開いた状態で、作業中と分かる柵などはなかった。地上に警備員が1人いたが、他の車を誘導していたという。同署が安全管理に問題がなかったかなどを調べている。【黒尾透】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです