誤認逮捕された女性の名誉回復は? 別の女を“こっそり”書類送検 愛媛県警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
誤認逮捕が起きた愛媛県警松山東署。県警全16署の筆頭署とされる=松山市勝山町2の松山東署で2019年7月29日午後2時54分、中川祐一撮影
誤認逮捕が起きた愛媛県警松山東署。県警全16署の筆頭署とされる=松山市勝山町2の松山東署で2019年7月29日午後2時54分、中川祐一撮影

 愛媛県警松山東署が2019年7月に松山市の20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕した問題で、明らかになった別の女の書類送検。同じ容疑にもかかわらず、20代女性は逮捕で身柄を拘束され、実名で報道発表されたが、別の女は逮捕も発表もされず、県警は新たな容疑者を書類送検した事実すら明らかにしていない。

松山東署長「あくまで別件」

 一般的に身柄拘束のない書類送検は軽微な事案のため報道発表されることは少ないが、今回は誤認逮捕された女性の名誉回復などのため、その後の捜査状況を明らかにする必要性は大きかった。

 同署の鈴木典男署長は24日夜の報道陣の取材に対し、書類送検の事実も「言えない」とし、「あくまで誤認逮捕とは別件で、いくら容疑者といえども人権などを考慮し、任意で捜査しているから」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文709文字)

あわせて読みたい

注目の特集