横浜中華街の春節 マスク、マスク、マスク… 店も感染症対策徹底

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国の旧正月「春節」を迎え、大勢の観光客が訪れた横浜中華街。マスクをした人が多く見られた=横浜市中区で2020年1月25日午後2時49分、長谷川直亮撮影
中国の旧正月「春節」を迎え、大勢の観光客が訪れた横浜中華街。マスクをした人が多く見られた=横浜市中区で2020年1月25日午後2時49分、長谷川直亮撮影

 中国の旧正月「春節」を祝い、横浜中華街(横浜市中区)一帯で25日、伝統の獅子舞「採青(ツァイチン)」が披露された。爆竹や太鼓の音が鳴り響く中、華やかな色彩の5頭の獅子が中華街を5コースに分かれて巡行し、例年と同じように大勢の観光客を楽しませた。

 獅子はドラや太鼓の音に合わせて激しく踊り、中華街各店の商売繁盛などを祈った。千葉県から訪れた60代の女性は「獅子舞の演舞のために若い人が熱心に訓練を受けてい…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集