駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 アフガニスタンで活動中に武装集団に銃撃され73歳で亡くなった福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さんのお別れ会が25日、同市早良区の西南学院大で開かれた。一般参列も可能で、チャペルとモニター中継される講義室では参列者が入りきれず、想定を超える約5000人(ペシャワール会発表)が中村さんの死を悼んだ。

 チャペルでは、アフガニスタンでの30年以上に及ぶ無償の医療活動や農業支援など中村さんの活動を紹介する映像が上映され、遺族や関係者が弔辞を述べた。バシール・モハバット駐日アフガニスタン特命全権大使は「アフガニスタンの偉大な友人であり英雄です」と涙声でたたえた。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文575文字)

あわせて読みたい

ニュース特集