メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

着床前診断 なぜ今、拡大検討なのか 風向き変えた患者会の意見書

着床前診断の対象などについて議論する日本産科婦人科学会の「倫理審議会」初会合=東京都千代田区で2020年1月25日午後0時57分、五十嵐和大撮影

 体外受精した受精卵のうち、遺伝性疾患がないものを子宮に戻す着床前診断について、日本産科婦人科学会(日産婦)は25日、実施対象の拡大検討を公開で議論する倫理審議会の初会合を開いた。この診断法を巡っては「命の選別」との懸念が根強く、これまで適用が制限され、実施の承認にあたっては厳格な運用がなされてきた。日産婦はなぜ、条件付きながら拡大検討へとかじを切ったのか。【五十嵐和大】

 「忌憚(きたん)のない意見をいただきたい」。日産婦の木村正理事長は25日の会議で医学系学会や法学者、倫理学者らの委員に呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り1971文字(全文2224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです