1敗対決は徳勝龍に軍配 返り入幕、初の優勝に王手 大相撲初場所

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大相撲初場所14日目】突き落としで正代(右)を破った徳勝龍=東京・両国国技館で2020年1月25日、竹内紀臣撮影
【大相撲初場所14日目】突き落としで正代(右)を破った徳勝龍=東京・両国国技館で2020年1月25日、竹内紀臣撮影

 大相撲初場所14日目は25日、東京・両国国技館で行われ、ここまで1敗で優勝争いのトップを並走してきた平幕同士の直接対決は、徳勝龍が5日連続となる突き落としを決めて正代を破った。西前頭17枚目で先場所は十両だった徳勝龍は、2000年春場所の貴闘力以来、史上2回目の幕尻優勝、返り入幕では初の優勝に王手…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

あわせて読みたい

注目の特集