メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

大栄翔を封じたはずが…「逆に封じられた」 役力士との対戦4連勝ならず

大栄翔(右)に突き出しで敗れる炎鵬=東京・両国国技館で2020年1月25日、竹内紀臣撮影

 大相撲初場所14日目の25日、168センチ、99キロの炎鵬は新小結・大栄翔に敗れ、8勝6敗。朝乃山、高安、阿炎に続く対役力士4連勝はならなかった。

 立ち合いの張り手は頭を下げてかわしたが、続いてあごの下から左手で思い切り突き起こされると、そこからは防戦一方。「相手の動きを封じたかったが、逆に封じられた」。…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  4. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです